会長挨拶

小豆郡医師会のホームページへようこそ



小豆郡医師会
会長
 八木 正人

 平成28年6月14日に開催されました小豆郡医師会定時社員総会及び理事会におきまして、2期目の会長に推挙されました。光栄と思いつつ、責任の重大さを改めて感じています。

 平成23年に立ち上がりました「小豆島の福祉と医療をよくする島民会議」は小豆医療圏の公立病院再編、即ち2つの町立病院を統合し、小豆島中央病院の建設を決定しました。

新病院は平成26年7月起工、平成28年4月開院しました。小豆島の中央部、旧池田町に建設され、6階建て、病床数は234床、診療科目は13科です。現在、常勤医は内科10人、外科2名を始めとして25人、非常勤医は20人です。開院して3か月ですが、救急患者の受け入れも積極的で、私達開業医も安心して診療できる体制になってきています。7月に、病診連携に欠かせない地域医療連携協議会も開催されました。

 昨年、香川県地域医療構想調整会議は小豆保健医療圏を一つの区域と設定しました。2025年に向けて目指すべき医療提供体制の施策として、医療従事者の確保・養成、在宅医療の充実などがあります。小豆島准看護学院は、今年で設立60年、約660人の卒業生を輩出し、島の医療を支えてきました。島の准看護師養成はこれからも必要と考えますが、厳しい運営状況が問題です。また、今年7月、行政は小豆島中央病院を核とした地域包括ケアシステムの構築に取り掛かり連絡会を設立しました。在宅医療などに医師会がどこまで関与できるかも課題です。

 いずれにしても、A会員10人の小さな医師会です。これからも会員の皆様、県医師会、他郡市地区医師会の皆様方にご協力、ご指導をお願い申し上げまして、会長就任の挨拶とさせて頂きます。

                            以 上             
                          平成28年7月


HOME

エンジェルロード

Copyright (C) 小豆郡医師会 All Rights Reserved.